疾患・治療について疾患・治療について

近視、小児眼科
低濃度アトロピン点眼薬

低濃度アトロピン点眼薬とは

低濃度アトロピンは、お子様の近視進行を抑制させることが期待できる点眼薬です。
毎日就寝前に1 滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。

特徴

・副作用のない良好な点眼薬である
・近視の進行を60%軽減させるといわれている
・日中の光をまぶしく感じるといったことがない
・手元を見る作業に影響を与えない

※シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されています。日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学)にて臨床研究が始まりました。
※本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
マイオピン点眼薬は眼軸長の進展を抑制するという点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法の一つです。

治療の対象

・6~12 歳以下の学童
・軽度~中等度の近視の方
・3か月毎の定期通院が可能な方
オルソケラトロジーも併用したい方

費用について

初回(検査+診察代)3,300円(税込)
2回目以降1,100円(税込)
点眼薬代1本(5ml)3,300円(税込)

※点眼薬1本で両眼約1カ月分の使い切りとなっています。
※この治療は保険適応外となります。

治療の流れ <完全予約制>

AM/PM月曜日、火曜日、水曜日、金曜日
PMのみ木曜日

フロー図

注意点

マイオピンの定期検査日はその他の眼の症状を診ることが出来ません。
たとえば定期検査の日に「花粉症の診察」は行いません。
近視進行抑制以外での診察は必ず別の日に受診していただきます。

ページのトップへ