診療のご案内 診療のご案内

メガネ・コンタクトレンズについてメガネ・コンタクトレンズについて

処方の流れ

コンタクトレンズは医療用具であり、きちんと合っていない場合、眼精疲労や頭痛、肩こり等を引き起こす原因となります。当院では精密な検査のもと、患者さんの眼の状態に適したコンタクトレンズを処方いたします。

初診日

視力検査・眼圧検査・屈折検査・角膜内皮検査・ドライアイ等眼の状態によって必要な検査を行い、診察時、医師とコンタクトレンズの種類を相談していただき、コンタクトレンズ合わせの予約を取ってお帰りいただきます。

コンタクトレンズ合わせ(予約制)

実際にコンタクトレンズを装用し、装用感の確認や視力検査を行い度数を決定し、コンタクトレンズを注文します。この日はレンズの購入はありません。
※コンタクトレンズが初めての方は入れ外しの練習を行います

コンタクトレンズの受け取り

後日、注文したコンタクトレンズを受け取ります(代理人の方でも受け取り可能)。
コンタクトレンズの種類によって、ご自宅へ郵送できるものもあります。

治療用コンタクトレンズの種類

当院では、患者さんひとりひとりの症状に対応するために、通常のコンタクトレンズの他にも様々な種類のコンタクトレンズを取り扱っております。
治療用コンタクトレンズの使用は医師の診断によります。

虹彩付ソフトレンズ

円錐角膜用ハードレンズ

角膜保護用ソフトレンズ

ページのトップへ