疾患・治療について

加齢黄斑変性
光線力学療法 PDT

PDTとは

PDTとは、加齢黄斑変性症に対する最新治療の一つです。
特定の波長の光線を吸収するある物質を静脈内に注射すると、この物質は主に新生血管に貯留します。そこで新生血管を有する黄斑部に対し特定の波長の光線を照射すると同物質から細胞毒を有する活性酵素が放出され、これが新生血管を破壊します。

一時的に、あるいは長期的にも視力が改善する場合がありますが、基本的には視力低下の危険度を減少させるところにこの治療の意義があります。

日本では2005年5月に厚労省の認可が下りました。ただ必ずしも全部の症例がこの方法で治療できる訳でなく、適応とならない症例もあります。更に新生血管が再び発生することが多く、その時は再度治療する必要があります。

PDTの流れ

検査・入院

視力や眼底の状況を検査にて把握し、
手術の適応があるかを判断します。

手術日

目薬で瞳孔を開き薬剤を注射します。
その後弱いレーザーを照射します。
痛みもなく、まぶしさを感じることもほとんどありません。

入院

治療後、直射日光や強い室内光を避けるため入院して頂きます。普段通りの生活を送ることが可能ですが、屋外では強い光から目を守るためにサングラスを着用して頂きます。

退院

退院後も、しばらくの間は強い光から目を守るためにサングラスを着用して頂きます。
医師の許可が出るまでは、サングラスを着用ください。

治療のリスク

薬剤を投与することで、頭痛や背中の痛み、治療した眼に起こりうる視力低下などの視覚障害等があります。
また、稀ではありますが、軽度の循環器系の障害、光過敏性反応、注射部での副作用なども報告されています。

ページのトップへ