疾患・治療について

白内障・老視
フェムトセカンドレーザー白内障手術

フェムトセカンドレーザー白内障手術とは

フェムトセカンドレーザー白内障手術は、白内障手術の主要なステップのいくつかを最新のテクノロジーを使用したレーザー(フェムトセカンドレーザー)で行うものです。(以下「この手術」と言います。)

最先端のレーザー、立体画像技術や高性能ソフトウェアにより、水晶体の分割と除去や最適のサイズと形状(真円)の切開が適正な位置で行うことができ、それぞれの眼に合わせた精密性、かつ、より高い快適性が期待できます。これらの技術により、術後屈折誤差がより少なく質の高い白内障手術が可能となりました。

この手術は、自由診療となります。費用・適応等については当院スタッフまでお問い合わせください。

フェムトセカンドレーザー白内障手術のメリット

フェムトセカンドレーザーには、従来の白内障手術と比べて、安全性や正確性、スピードなど大きなメリットがあります。

正確性の向上

眼内レンズの挿入位置の誤差を最小限にするには、精度の高い水晶体膜の切開が必要とされます。精密かつ正確な切開を行うことで、眼内レンズを意図する位置へ的確に挿入することができます。
従来の手による器具の操作では、「真円の水晶体膜切開を作成する」には高度技術が必要ですが、精度の高いレーザーシステムを使う事により、これを実現できます。フェムトセカンドレーザー手術では、数十ミクロンレベルでの正確な切開を実現します(髪の毛1本の平均幅は85ミクロン)。
このように精度の高い切開を行うことで、眼内レンズをより的確な位置(理想的な位置)に挿入することができます。

手術医の主導による切開 手術医の主導による切開

フェムトセカンドレーザーによる切開 フェムトセカンドレーザーによる切開

正確性の向上

眼の基本的構造は同じでも、目の大きさや深さや丸さには個人差があります。
この手術では、独自の画像技術で眼の立体構造を解析し、高性能ソフトウェアを使って個別の治療計画を作成します。フェムトセカンドレーザーにより意図する治療部位のみへの正確なレーザーパルス照射を行い、周辺の組織を保護します。水晶体を細かくカットしてソフトにします。

この様に水晶体を柔らかくして取り除く事により、患者さんの目へのストレスを軽減する事ができます。

スピードの向上

個々の治療計画が事前にシステムにプログラムされるため、正確性が向上すると同時に手術時間が短縮され、負担も軽減されます。

ページのトップへ