当院について

受賞歴一覧

    2008 年
    Ridley Medal Award受賞 西 起史 XXVI Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons (ESCRS) Berlin, Germany, 2008年9.13-17 ドイツ(ベルリン) 欧州白内障・屈折矯正手術学会(ESCRS)にて。詳細は 西眼科だより10巻4号 に掲載。

    Jan G.F. Worst Medal Lectureship 受賞 西 起史

    アメリカ(シカゴ) アメリカ白内障・屈折矯正手術学会(ASCRS)にて 2008年4月


    (Jan Worst Medal Okihiro Nishi受賞 ASCRS Symposium on Cataract, IOL and Refractive Surgery, Chicago, USA, 2008年4.4-9)
    2007 年

    Charles D. Kelman Innovator’s Award 受賞 西 起史

    2007年4月 アメリカ(サンディエゴ) アメリカ白内障・屈折矯正手術学会(ASCRS)にて。 詳細は 西眼科だより9巻2号 に掲載。


    (Charles D. Kelman Award Okihiro Nishi受賞 ASCRS Symposium on Cataract, IOL and Refractive Surgery. San Diego, USA, 2007年4.27-5.1 “Approaches to Future Cataract Surgery”)
    2005 年

    Deutschsprachige Gesellschaft fuer Intraokularlinsen-Implantation und Refraktive Chirurgie (DGII) ドイツ眼内レンズ屈折手術学会名誉会員 西 起史 DGII News Letter 2005 (ドイツ語), DGII Aktuell 2005 (ドイツ語) 2005年2月
    (名誉会員 Okihiro Nishi Deutsche Ophthalmolgische Gesellschaft (DOG) Berlin, Germany, 2002年)

    2002 年

    Deutsche Ophthalmologische Gesellschaft (DOG) ドイツ眼科学会名誉会員 西 起史 2002年9月


    西 起史 : 「ドイツ眼科学会名誉会員に選ばれました。名誉会員にはMachemer, Naumann, Lincoff, Deutmann, Harms, Rohen, Roper-Hall, Zimmermann等、有名な眼科医が名を連ねています。恐らく日本人としては初めてです。これには相当の国際的な仕事と、ドイツ眼科学に対する貢献が条件のようです。これまでに何度もドイツのいろいろな学会・シンポジウム・von Graefe’s Lecute等で講演を行ってきました。Pathologie des Auges (G.O.H.Naumann著)の翻訳「眼病理学」(1987年出版)、特に「眼病理学」改訂第2版の翻訳(2003年出版)が大きく評価されたからだと考えております。この栄誉は私だけでなく共同訳者の先生方にも与えられたものと思っております」
    (名誉会員 Okihiro Nishi Deutsche Ophthalmolgische Gesellschaft(DOG) Berlin, Germany, 2002年)

    1996 年
    Film Festival (Winner) Okihiro Nishi 受賞 The American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) Seattle, USA, 1996年4.1-5 “New Lens Refilling Procedure for Future Cataract Surgery”
    1995 年
    Best Paper of the Session Okihiro Nishi 受賞 The American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) San Diego, USA, 1995年4.1-5 “Inhibition of Migrating Lens Epithelial Cells by Sustained-Release of EDTA and RGD Peptide”
    Film Festival (Runner Up) Okihiro Nishi 受賞 The American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) San Diego, USA, 1995年4.1-5 “Explantation of an 11-mm PCL with Open Circular Loops Lost in the Vitreous onto the Papilla”
    1994 年
    Video Competition Okihiro Nishi 受賞 XII Congress of The European Society of Cataract and Refractive Surgeons (ESCRS) Lisbon, Portugal, 1994年9.18-22 “Explantation of an 11-mm PCL with Open Circular Loops Lost in the Vitreous onto the Papilla”
    1992 年
    Film Festival Okihiro Nishi 受賞 X Congress of The European Society of Cataract and Refractive Surgeons (ESCRS) Paris, France, 1992年9.6-10 “Accommodation-amplitude of the primate lens refilled with an inflatable endocapsular balloon”
    1991 年
    Film Festival Okihiro Nishi 受賞 IX European Intraocular Implantlens Congrss/V European Refractive Surgery Symposium. Balencia, Spain, 1991年9.12 “Mechano-enzymatic Removal of Lens Epithelial Cells. Dispersion Aspiration”
    1989 年
    Film Festival (2nd) Okihiro Nishi 受賞 The American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) Washington DC, USA, 1989年4.25-28 “Nucleus Removal Following Continuous Circular Capsulorhexis”
    1987 年
    Film Festival Okihiro Nishi 受賞 Deutsche Ophthalmologische Gesellschaft (DOG) Heidelberg, Germany, 1987年9.20-23 “A New Technique in Endocapsular Cataract Surgery -Removal of Lens Epithelial Cells-“
    Film Festival (1st) Okihiro Nishi 受賞 The American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) Orland, Florida, USA, 1987年4.6-10 “Removal of Lens Epithelial Cells by Ultrasound in Endocapsular Cataract Surgery”
    1985 年
    Film Festival (Best Film) Okihiro Nishi 受賞 American-International IOL Congress. Boston, USA, 1985年4.10-13 “A New Type of Irrigatig Cannula for Lens Nucleus by ECCE”

ページのトップへ